FC2ブログ

つけち全国レディース・クラフトフェアー

付知峡倉屋温泉おんぽいの湯

日曜日、「付知峡倉屋温泉おんぽいの湯」へ行ってきました。(以下倉屋温泉)

2018100501

今回の目的は入浴です。
入浴目的では、久しぶりになりました。 (私事で申し訳ありません)
今の時期の女湯は、下の館内案内図の赤い囲みになります。
(毎月1日と15日で男湯と女湯が入れ替えになります。事務局が行ったのは14日だったので、上の写真の駐車場付近〈白い壁の上〉の浴室でした)
2018101604
赤い矢印の方向に恵那山を見ることが出来ますが、今の時期、夜6時を過ぎると真っ暗になってしまうのでフェアーが終わってから倉屋温泉に行って入浴しても、恵那山を臨むのは難しいかも…

さて入浴料はというと、大人(中学生以上)1人600円、小人(小学生)1人300円、小学生以下は無料です。
JAFなどのカードの提示で100円の割引(大人のみ)を受けることも可能です。
営業時間は午後10時(入館は午後9時)までなので、ちょっと遅めの入浴ができるのはありがたいですね。

倉屋温泉ではタオルは販売されており(フェイスタオル150円、バスタオル520円)、ボディソープとリンスインシャンプーが備え付けられている(←これ、結構重要!)ので、とりあえずお金があれば入浴してさっぱりすることが出来ます。

館内では食事も可能で、土日祝日は11時から19時30分まで営業しています。(平日は14時から17時まで休憩あり)
オススメは日替わり定食(終日注文可)930円、そば寿司(酢飯の代わりにそばで巻き寿司)510円、ブタ丼900円、とりトマ丼900円。手作り刺身こんにゃく310円も人気があるそうです。(数に限りがあるメニューがあります)


最近は朝晩冷え込むようになっています。
倉屋温泉で体を芯から温める休養、明日への英気を養うというのはいかがでしょうか。
ただし入浴後の湯冷めには、くれぐれも注意してください。

スポンサーサイト

PageTop

今日の天気

そういえば昨年の今頃は天気の心配ばかりしていたなーと思い出します。
それもそのはず、フェアー2日目の夜は台風直撃でした。

でも今年は天気の心配はしなくてよさそうです。
20日の岐阜県の天気予報
2018101701
\(^o^)/ヤッター!


21日の岐阜県の天気予報
2018101702
\(^o^)/ヤッター!


ちなみに19日(前日準備)の天気予報
2018101703
Σ(゚д゚lll)ガーン
準備はあまり天気が良くなさそう( ノД`)
でも期間中はあまり雨の心配はしなくても良さそうなので、良しとします!

ちなみについ先ほどの花街道イベント広場の様子。
2018101705

2018101707

2018101706

2018101709


河川敷駐車場付近
2018101710

2018101711

2018101714

河川敷駐車場にある堤防を越えるとすぐに付知川(今の水量は少な目です)
2018101712

2018101713

河川敷駐車場、河川敷道路付近は、先週、付知町まちづくり協議会の皆さんに草刈りをしていただきました。
2018101715

会場入り口付近のカエデも色付いてきました。
2018101708

2018101717

付知は晴れていれば暖かく、少し動くと暑いかなと感じくらいです。
日陰は過ごしやすいですが、風が吹くと寒く感じることもあります。
今日は半袖で日陰(事務所)にいます。ちょっと寒いかなと思いますが、半袖で仕事をしています。(上着を持ってこれば良かった…というのは強がり。とほほ)

フェアー開催まで、あと3日。
体調を崩すことなく、フェアーでは皆さまと心を込めて作っていただいた作品にお会いすることが出来ますように。

PageTop

会場内のこと その2

昨年の「つけち全国レディース・クラフトフェアー」が終わってから、花街道付知イベント広場では遊具の工事が行われました。
2017102403


昨年中に工事は終わり、新しい遊具が設置されました。
2018101522

下の2枚の写真の遊具は、ずっと変わりないですね(汗)
2018101524

2018101523

お母さんはフェアーに夢中で、子どもはちょっと…なんてなった時に、こちらで遊んでいただくのはどうでしょうか。

ただし会場内の事故に関しては、実行委員会では一切の責任を負いませんことをご了承ください。

PageTop

会場内のこと

そういえばあまり会場内のことについて記事が無かったような…

当フェアーのブースは、3.5m四方です。  
当日は各区画の隅に、十字やT字など目印を記します。
その目印(3.5m四方)からはみ出してテント等を設置することの無いようお願いいたします。

またエリア内の通路には、緑色のマットを引きます。
2017102114


このマットを目印に、店舗の前面が通路に向くように設置してください。
昨年の様子…こんな状況にならないことを祈るばかりです)
2017102312

2017102112

イベント期間中はテントが飛ばされたり倒れたりすることの無いようペグをしっかり打ち込む、重しを使うなどの対策をお願いいたします。

また2日間出展される方は、初日終了後、設営したテントや作品を会場に置いたままにしていただいても構いませんが、夜間、会場内に警備員は配置しません。テントや作品は、各自の責任において管理してください。その場合、テントが飛ばされたりすることのないようテントの足を短くする、しっかり固定するなどの対策を行なってください。 


会場内の南エリア、北エリアとも大きな砂利(切石)がひかれています。
2018101528

2018101529
今年は1円玉と比較してみました。笑)

今まで野天ブースとして皆さまに出展していただいている場所ですが、テントを固定するためのペグが刺さらないというようなことは無いようです。
水はけも良い方で、浅い水たまりが出来る程度で、砂利の上に深い水たまりを見かけることはほとんどありません。
(昨年はさすがに…勘弁してください。涙)


イベント出入り口付近のカエデもだいぶ色付いてきました。
2018101526

2018101527


フェアー開催まであと4日。
色々と最後の追い込みにをされていることと思います。
ここ最近は朝晩冷え込むようになってきました。
体調管理に注意し、フェアー当日は皆さまと心を込めて作っていただいた作品に出会えることを楽しみにしています。

PageTop

会場内の進行、進入経路について

会場内の通行、進入経路についてお知らせします。

イベント期間中の開場直後は、会場内や会場付近に交通整理員を配置します。
交通整理員の指示に従い通行するようにしてください。

会場内を車両で通行する際には、7月に発送した資料に同封した「資料4(通行券)」を車両の前方に置いてください。
 

(交通整理員が確認し、進行方向を指示します)

2018101211


2018101210


(出展者の皆さまにおかれましては、10月12日のブログの続きになります)
イベント広場出入り口。
2018101208


以下の写真での説明は、赤色の矢印は南エリア(No.1~75)緑色の矢印は北エリア(No.76~144)の進入方向として、参考にしてください。

会場に入ってすぐ右折していただくのは、ブースNo.1~75までの南エリアの方。
ブースNo.76~144までの北エリアの方は少し直進した後、右折していただきます。
2018101501

南エリア方向をさらに進入。
2018101502

北エリア方向をさらに進入。
2018101508

どちらのエリアも外側の縁部に沿って周回するように、進行方向を変えることなくお進みください。
2018101510

会場内の出入り口付近と、ステージ前は対面通行(黒い矢印は河川敷駐車場へ向かう車の流れ)になります。
星印付近は、特に注意してお進みください。
2018101509

また会場から出てすぐの河川敷駐車場に向かう道も、対面通行になります。(写真では左に曲がり、下りて行く道になります)
2018101203

河川敷駐車場には白線を引きます。
白線を基準にして駐車するようにしてください。
2018101206

会場内及び付近の道路の道幅は狭くなっています。
対面通行になることも多く、注意して通行してください。


開場直後は特に混み合うことが予想されます。
会場内に進入した車両につきましては、荷物の搬出が終わりましたら速やかに河川敷駐車場に移動していただきますようお願いいたします。 

車両を河川敷駐車場に移動させた後、ブースのレイアウトや作品の展示を行ってください。

準備の際、会場内における長時間の駐停車はご遠慮ください。またそういった車両を見つけた場合、スタッフが注意を促すことがあります。ご了承ください。



前日やフェアー当日の開場時間前に、飲食店関係者やスタッフの車両が会場内に入り準備してることがあります。こちらについてもご了承ください。




出展が決まった皆さまに、同封した資料になります。

南エリア
2018101511

北エリア
2018101512


このブログ内容は、通行券についての記載が増えたくらいで平成29年10月14日のブログの内容とほぼ同じです。
昨年参加していただいた皆さまには特に変更がありませんが、参考にしていただけると幸いです。


PageTop